お金借りる理由

 

お金借りる理由

手持ちのお金がない、使える貯金もない・・・などカードローンやキャッシングの利用を考えている方も多いのではないでしょうか。

 

お金を借りる理由として、どういった理由で借りている方が多いのでしょうか?
調べてみたところ、1番多い理由として「夢を叶えたいから」といった理由が多いようです。
例えばミュージシャンになりたいという夢を持っていると、いい音を奏でるために高価な楽器が必要となりますよね。そうなると、楽器ローンを組むためにお金を借りるという方も多いようです。
他にも、生活資金がたりなくなった。彼女に高価なプレゼントを買ってあげたかった。事業に失敗した・・・など、人それぞれ様々な理由がありますよね。
多くのカードローンでは無担保で借りたお金はどんな理由にしても自由に使えることが多いですから、どんな理由であっても大丈夫です。
お金に困っているのでしたら、消費者金融でキャッシングやカードローンを利用するというのも一つの手として検討しても良いのではないでしょうか。
お金借りる理由ウソ

 

知人や家族、消費者金融からお金を借りるときにお金を借りる理由を伝えるときにウソの理由を言ってしまうのは良いのでしょうか?

 

消費者金融からお金を借りる際には、無担保のカードローンの場合でしたら最近ではインターネット完結が多いですからお金を借りたい理由が聞かれることってなかなかないですよね。
知人や家族から借りる際に、ウソをついてお金を借りると詐欺罪となります。
詳しく言うと、お金の貸し借りに留まる限り民法上の債務不履行、不法行為ではありますが刑法上の詐欺罪となりません。
お金を貸すという意思表示に錯誤があったとしても今後返却される可能性があるのでしたら警察はなかなか動いてくれないかもしれません。
しかし、返すつもりが全くないのにお金を借りるのは「詐欺罪」となります。
詐欺罪となると警察、裁判所も手続きをすると動いてくれます。
お金を借りる時、貸す時には借用書を作成してから貸し借りをするのが一番良いかもしれませんね。

 

金借りる理由

 

消費者金融のキャッシングやカードローンで、お金を借りるとなったら何か理由があることと思います。
お金に困っても居ないのに、理由もなくわざわざ利子のつくキャッシングやカードローンからお金を借りようなんて思わないですよね。

 

お金を借りる理由も人それぞれ違いますし、キャッシングやカードローンは無担保で借りられることや事業以外でしたら使途は自由ということもありますし、最近はインターネット完結するので来店不要で契約完了しますから契約の際にお金を借りる理由を聞かれることってなかなかありません。
「夢を叶えるため」「自由に使えるお金が欲しい」「ストレス発散にたくさん買い物をしたい」「飲み会に誘われて断れなかった」「高級なプレゼントを買ってあげたかった」など、お金を借りる理由って本当に人によって違います。
どの理由でもお金を借りることは出来ますから、何かやりたいときや始めたいときのひとつの手段として考えても良いのではないでしょうか。

 

銀行でお金を借りる理由

 

銀行でお金を借りる理由

銀行系カードローンでお金を借りる人ってたくさん居ますよね。

銀行って安心感もありますし、金利がひくくて借入れ限度額が大きいのが魅力的ですよね。
たくさんのメリットがある銀行系カードローンですから、お金を借りるなら銀行系カードローンと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

既に銀行系カードローンを利用している方は、どのような理由でお金を借りたのでしょうか。調べてみました。
銀行系カードローンを申し込むときは、インターネットからの申し込みであればすぐにお金を借りることが出来ます。
最短でも即日融資が可能な銀行もありますし、審査が早いというのは借りる側にとっても助かりますし、支持される一番の理由といっても過言ではありません。
また、金利が低い銀行系でしたらお金を借りてもすぐに返すことが出来ます。金利が低いということは利息も少額であることが多いので、すぐに返済できるのであれば利息は100円程度に収まることもありえるのです。

 

これらのたくさんのメリットから銀行からお金を借りる方が多いようです。

 

奨学金借りる理由

 

高校や大学に進学するにあたって奨学金の申請を検討されている方も多いのではないでしょうか?
奨学金を利用して進学をする理由として、どのような理由が多いのでしょうか。

 

ほとんどの理由はお金が足りない方借りるのでしょう。
莫大な金額が必要となりますから、そのために貯金していれば問題ありませんが実際のところ難しいんですよね。
奨学金というのは何十人何百人の人が審査をし、利用しますよね。
奨学金を申請するにあたって申請書を提出する必要がありますがお金がないから奨学金を利用したいと考えていても簡単な気持ちで「お金がない」というのはあまりオススメしません。
人によって価値観が違い、色々な家庭があるので。
きちんとした目的を持って、必要な金額に対していくらお金が足りないのかも把握する必要があります。
奨学金は利息がつきますし、借金しているのと同じこととなりますから今後のことまでよく考えて奨学金の申請をすることをオススメします。

 

親お金借りる理由

 

自分の親からお金を借りるとなると、会話中にどうやってそのことを切り出そうか気を使いませんか?
もしも・・・のことまで考えてしまい、お金を借りることで関係がダメになってしまわないか、信用を失ってしまわないかなど色々と気になることも出てきてしまいますよね。
親というと一番身近な存在です。
だからこそ頼りやすいかもしれませんが、だからこそ気をつけなければならないこともあります。

 

親にお金を借りる理由として、考えられるのはやはり「頼りやすいから」ということもあるのではないでしょうか。
成人して親元を離れて暮らしている方も居れば地元で親の近くで暮らしている方も居ます。
誰もが親と仲良くて一番頼りやすい存在とは言い切れませんが、親と子の関係である以上一番身近な存在なのです。
バブル期ならともかく今の時代は消費税も上がって物の値段も高くなって、親も生活に困っているという家庭も増えてきているかもしれませんね。
まずは、親に話だけでも持ちかけてみてはいかがでしょうか。

 

親からお金借りる理由

 

親からお金借りる理由

親からお金を借りる理由として考えられるのは「頼りやすいから」ではないでしょうか。

消費者金融から借りるには利息もかかるし、友達には頼りづらい・・・となったら一番身近な存在である親に頼んでお金を借りるという方が多いのではないかと考えられます。
いくら頼りやすい親だからといえ、まずは相談してみるのが良いと思います。
もちろん、ただお金を貸して欲しいというのではなくお金を借りるからには信用書を書くなどきちんとした対応を親にも見せることが大切なのではないでしょうか。
もしお金を借りたことで親子関係が悪化したり信用を失うことは悲しいことです。
親子だから口約束や軽いやりとりで済ませるというのではなく、親子だからこそきちんと信用書を書いたりしっかりと返済していくことを約束しなければならないのです。

 

いざというときは消費者金融から借りればいいのに親から借りることを望んでいるのですから、きちんとした対応をして返済していきましょう。

 

友達お金借りる理由

 

友達からお金を借りた経験はありますか?
例えば、一緒に食事や買い物に行ったときに手持ちのお金が借りなかったなんていうときに一時的に友達からお金を借りた経験がある方は多いかもしれませんね。
友達からお金を借りることで、今後の友人関係が崩れる可能性などを考えるとなかなか切り出しづらいですよね。お金を借りたことが原因でこれまで築き上げてきた友達関係を失うのはいやですよね。
お金を借りる理由として考えられる一番の理由は「次の給料日までの生活費として借りたい」というのが多いかもしれません。
親元を離れて一人暮らしをしていて一番頼りやすいのが友達だった場合、このような理由で友達にお金を借りたいと頼む方が多いと考えられます。

 

スマホが必需品となっている現代では、スマホを使って手軽にやりとりをすることが出来ますし自分の言葉で伝えるよりも頼みやすいかもしれませんがお金を借りるということは直接会って相談することがいいでしょう。

 

お金を借りるときの理由

 

お金を借りるときの理由って、人それぞれ違うことと思いますがキャッシングやカードローンは無担保で借りられますし事業関係では使えないことが多いですがその他の使途は自由となっていますから様々な使途で利用されていることと思います。

 

会社員がお金を借りる理由として多いのが、同僚や上司からの急な誘いがあったけど手持ちのお金がない・・・なんていうケースでしょうか。
お金は奥さんが管理していて自由に使えるお金はあまりないけど同僚や上司からの急な飲み会の誘いには断れないっていう方も多いのではないでしょうか。
そんな方にとって、キャッシングやカードローンは心強い味方といえますよね。
借りることはもちろん返済しなければなりませんし、借りる期間が長いほど利子はつきますが最終手段としてキャッシングやカードローンを検討している方も多いようです。
上記のような理由で困っている方はキャッシングやカードローンに頼るのも一つの手として考えてはいかがでしょうか。

 

お金借りるわけありなケース

 

お金借りるわけありなケース

何らかの理由があって、訳アリではあるけどお金を借りたいという方も居るのではないでしょうか?

 

訳アリなケースとして、考えられるのは例えば「生活保護」は2015年11月現在で160万人以上が受給しています。
生活保護を受給している方への融資事情は厳しいのが現実です。
基本的に、生活保護がお金を借りるとなるとその借りたお金が収入とみなされてしまい不正受給になってしまうケースがあります。
返済の当てと思っていた生活保護の受給を打ち切られるリスクもありますから多くの消費者金融では対応が慎重になるのです。

 

大手の消費者金融で融資を受けるのは難しいと考えてください。
しかし、中堅の消費者金融では融資を受けられるところもある可能性はあります。
生活保護が受け取るお金の中でも収入に設定されないといわれているのが
「冠婚葬祭へのご祝儀、香典や世帯が自立するための援助金」です。
こういった理由があったら収入にならないように融資をしてくれる消費者金融があるようです。

更新履歴